ここから本文です

夏草やベースボールの人遠し 明治31年

季語 夏草 【夏】

夏草が生い茂る季節、ベースボールをしている人々が遠くに見えると詠んでいます。
子規は東京での学生時代、ベースボールに熱中し、サウスポーのキャッチャーとして活躍しました。のちに野球用語の翻訳やルール解説を新聞「日本」に連載したり、「野球」(の・ボール)というペンネームを使ったりしています。平成14年には、野球殿堂入りも果たしました。子規はベースボールを詠んだ短歌も作っています。